あなたにぴったりののED治療薬は?

ジェネリックED治療薬徹底検証!

ED薬 製品リスト

バイアグラ・シアリス・レビトラ・ステンドラ・ザイデナなどは薬の成分が配合された医薬品です。

日本の医薬品

日本で医薬品に分類される製品は、厚生労働省が医薬品として効果を認めている製品や、薬として指定している成分が含まれているものになります。

日本国内の薬局で購入できたり、病院で処方してもらえるお薬は、基本的には日本の厚生労働省が承認している製品です。日本の厚生労働省が指定する臨床試験やさまざまな基準をクリアして一定の安全性が確認された製品といえるでしょう。日本国内で医薬品と使用するわけですから臨床試験は基本的に日本人がメインで行われるので服用量や服用方法などは日本人向けになっています。副作用も日本人が起こしやすい副作用が記載されています。

また政府の機関がチェックしている製品なので、重大な副作用などが起きても国の制度である程度補償されます。ただし医薬品ですから副作用があるのは当たり前ですし、通常の副作用では国の補償は受けられません。入院するほどひどい場合などに限られます。
▶医薬品副作用被害救済制度

海外の医薬品

それに対して個人輸入で購入する海外の医薬品は、日本の厚生労働省が承認していない製品になります。そもそも日本国内で販売する為に製造されていないので、日本の厚生労働省はテストすらしていません。アメリカで作られているものはアメリカ食品医薬品局(FDA = Food and Drug Administration) がアメリカの基準でチェックしています。他の国で製造されているものもそれぞれの国の機関が日本とは違う基準で許認可をしています。臨床試験は外国人の治験者が行なうので、日本よりも使用量の基準が多いのが一般的です。
ですから個人で自分の使用分を輸入することは認められていますが、海外の医薬品を使用して副作用などがあった場合は自己責任になってしまいます。
海外の医薬品を購入・使用する場合には、使用方法・服用量などをしっかり調べ、できれば医師に相談しながら慎重にする必要があります。

ED薬のジェネリック

バイアグラは日本でもジェネリックが登場して、EDクリニックでも50mgが1錠800円くらいで登場しています。それでも個人輸入で購入する海外の医薬品のほうが安いですね。
シアリス・レビトラ・ステンドラ・ザイデナのジェネリックはまだ日本で販売予定はありません。オリジナルの方の特許期間がおわってからの話になります。

ジェネリックという単語は「一般的な」「ブランドにとらわれない」といった意味ですが、医薬品の世界では2つの意味があります。
ひとつは「ジェネリック医薬品=後発医薬品=特許が切れた医薬品と同じ成分で他社が作る医薬品」という使い方です。「カマグラゴールド=バイアグラジェネリック」という感じで、一般的にはこちらの使い方をするほうが多いので当サイトでもこちらの使い方をしています。ちなみに後発薬に対してオリジナルの方は先発薬といいます。「バイアグラ=先発薬」です。
もうひとつは「ジェネリック=成分名」として使用されます。「バイアグラのジェネリック=シルデナフィル」「シアリスのジェネリック=タダラフィル」というような使い方ですね。

ジェネリック医薬品は先発薬と有効成分は同じですが基剤(有効成分以外の成分)が違うので、全てのジェネリックが先発薬と全く同じ効果とはいえません。
実際に日本の医師の中にも、先発薬とジェネリックの効果に違いがあると考えている割合が多いというニュースもあります。
ただしお薬を飲んだ時の効果というのは、その人の体質、飲んだ時の体調、胃の状況、他の薬の影響などが影響するので、かならずしも一定ではありません。同じ薬を飲んでも効くときと効かないときがありますので、どのジェネリックがオリジナルとどれだけ違うというのも数字ででてこない部分かも知れません。
ではED薬のジェネリックはどうかというと、先発薬とあまり変わらないという人、少し弱いけどジェネリックでいいやという人、特定の製品を気に入る人もいるのでなんとも言えません。それ以前に体に入れるものだから安心できる先発薬がいいという人もいますよね。個人的には日本のEDクリニックでもらう先発薬も海外のジェネリックと差がないと思うので、いまはジェネリックしか使っていません。

ED薬のジェネリックは種類がたくさん出ているのではじめて買う方はどれがいいのか迷ってしまうかも知れませんが、評判の良さそうな商品を試してみるしかないですね。超有名ブランドもあれば日本人向けの日本語の説明書があるものもあります。

ニセモノの存在

「海外の医薬品にはニセモノがたくさんある」「偽バイアグラはこんな汚い工場で作られている」というようなニュースは1年になん度もやっているので見たことがあるひとも多いとおもいます。
実際にある程度高額で売られていて流通量が多い、バイアグラ・レビトラ・シアリスの純正品は発売当初からニセモノが出回りだしていまでも販売されています。日本人向けの個人輸入業者の中には、偽物を販売している業者もいるので、純正品は信用できるお店を選ぶか日本のEDクリニックで処方してもらうほうが安全でしょう。

ではジェネリックはどうかというと日本の輸入代行業者でED薬のジェネリックを扱っているという話は聞いたことがありません。ジェネリックはもともと仕入れ値も販売価格も純正品よりも安いので、偽物を扱っても商売にならないのでしょう。
ただし東南アジアなどの街角でED薬のジェネリックを売っているのは見たことがあります。カマグラゴールドやカマグラジェリーあたりはジェネリックでも有名なのでニセモノもあるようです。また英語のセックスドラッグの販売サイトでは今でも売っています。英語のサイトは安いところが多いですが、偽物の率がかなり高いのでやめておいたほうがいいです。

更新日:

Copyright© ジェネリックED治療薬徹底検証! , 2018 All Rights Reserved.